シミ治療は皮膚科で可能です

シミ治療は、一般的にレーザーや光での治療が知られていますが、皮膚科で処方される外用薬や内服薬で効果が期待できるシミもあります。皮膚科での外用薬や内服薬でのシミ治療は、主にそばかすと呼ばれる雀卵班や老人性色素班、肝斑、炎症性色素沈着などです。皮膚科でのシミ治療の方法は、美白作用のある外用薬の塗布と体の内側から美白する内服薬を服用することです。皮膚科で処方される外用薬や内服薬は、医師による経過観察が必要で、シミの状態にあわせた薬の量や塗布回数が決められています。

効果がある分副作用の可能性もあるため、使用の際は医師の指示をきちんと守ることが大切です。レーザー治療でのシミ治療もあります。シミには原因や症状によって種類があり、それぞれに適したレーザー治療があります。紫外線が原因の老人性色素班は、色素のみに反応するレーザーを使用します。

頬や鼻のまわりを中心に丸みのある茶褐色の色素班であるそばかすには、優しい光を広範囲に照射するレーザー、薄い褐色で、頬骨に沿って左右対称にできることが特徴の肝斑には、外用薬を使用することが一般的ですが、症状に応じて低出力のレーザー照射を組み合わせます。レーザーや光治療は自由診療で健康保険が適用されないため、シミ治療をレーザーで行なう場合には、シミに適したレーザーを使用しているクリニックであるかを事前に確認する必要があります。シミ取り治療は、専門医師の正確な判断が大切です。シミの状態にもよりますが、自己判断で市販の薬などを使用せず、まずは皮膚科に行き診断してもらうことが一番効果的にシミを治療する方法です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です