クリニックなどで受けるシワ治療

シワが気になりだしたら、クリニックなどに言って治療をしたいと思うことがあります。クリニックなどで受けることができるシワ治療にはレーザーよるものや、注射によるものなどいくつかの種類があります。レーザーによるものは皮膚の表面をこすることで皮膚の本来持っている再生機能を促してシワを改善します。個人差があり肌の腫れや赤みなどが起こる場合もありますが体に負担が少ない方法でもあります。

注射によるものにはボツリヌストキシン製剤を使うものがあります。原因となる筋肉をリラックスさせることができ、それによってシワができにくくすることができると言うもので、主に筋肉の収縮によってできる眉間などに適している方法とされています。眉間の場合には原因となる雛眉筋と鼻根筋に投与します。個人差はありますが施術後2日から3日ほどで徐々に効果が見られその後は3か月ほど安定して効果を持続することができ、数週間かけて徐々に効果が消えていきます。

その他にも注射にはヒアルロン酸の注入もあります。顔の皮膚表面にあるシワや溝を盛り上げるようにするために、皮膚にヒアルロン酸を注入します。毎日のスキンケアだけでは改善が難しい加齢によってできるものなどの改善に適しているとされています。施術後は2日から3日はふくらみが気になることもありますが、1週間程度で自然な感じに落ち着いてきます。

半年から1年は効果が持続吸うとされていて、徐々に効果が消えていきます。まずはクリニックで医師のカウンセリングを受けて自分に適した治療を受けるようにすることが大切です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です